沖縄・那覇のバーチャルオフィスが格安の月額500円 | バーチャルオフィスが沖縄県で格安の月額500円

沖縄県那覇市の一等住所。県内最安値の月額500円の格安バーチャルオフィス

沖縄県那覇市の一等住所
県内最安値の月額500円
格安バーチャルオフィス

サテライトOKINAWA

基本料金 3ヶ月無料キャンペーン!

実施期間
2022年9月1日 ~ 12月31日(予告なく終了する場合もございますのでご了承ください)
キャンペーン内容
基本料金が最大3ヶ月間無料でお使いいただけます。
この機会にサテライト沖縄をぜひお試しください。
  • 人気エリア

    那覇市の中心地
    牧志の人気住所貸し

  • 最安値

    沖縄県で業界最安値の
    月額500円で利用可

  • ビジネスに最適

    郵便物・宅配便転送も
    標準で対応

サテライト沖縄の
バーチャルオフィス
なら

  • バーチャルオフィスポイント01

    バーチャルオフィスの住所で法人登記・開業届が可能!
    沖縄県内で人気の住所「牧志」を利用できます!

  • バーチャルオフィスポイント02

    050電話転送秘書電話代行などビジネスに強いプランも充実しています!

  • バーチャルオフィスポイント03

    バーチャルオフィス料金は業界最安値の月額500円で利用可能!

※050電話番号転送や秘書電話代行のプランは単体でもお申込みいただけます。

シンプルな格安料金プラン

ビジネスに必要な場面にあわせて
プランを選択できます。

人気の那覇市牧志の住所貸しプラン

月額 500(県内業界最安値)

  • 業界最安値で那覇市住所の利用
  • 法人登記の利用
  • 郵便物
  • 宅配便転送
  • 30日間返金保証

※郵便物転送は事務手数料と郵送料金実費が別途必要です。詳細は郵便転送のページをご確認ください。

050電話番号転送と住所貸しのプラン

月額 1,480(県内業界最安値)

※那覇市牧志の住所貸しと050電話番号の発着信(転送も可)のセットのお得なプランです。

※郵便転送、法人登記など住所貸しプランの基本サービス内容と同じになります。

沖縄エリア最安値No.1に挑戦。

一等地住所は、お客様のブランド力を高め、
お取引先の信頼を獲得できます。

ビジネスの中心地「那覇市牧志」に
格安バーチャルオフィス誕生!

全国でも開業率№1の沖縄。「国際通り」や「平和通り」が通る県内で最もネームバリューのある牧志エリアは沖縄開業の聖地。 人も情報もモノも集まる沖縄の中心地に名刺やホームページに掲載するオフィス住所をご用意しました。新しい事業を始めようとする方にとってこのネームバリューはお客様のブランド力を高め、お取引先の信頼を得るのにきっと役立つはずです。

ビジネスの中心地「那覇市牧志」に格安バーチャルオフィス誕生

起業、副業、ネットショップ開設など バーチャルオフィスのサテライト沖縄は
このような方におすすめ

  • オフィス住所にはネームバリュー必要という方

  • 敷金礼金、賃貸料など、とにかく固定費を抑えたい

  • ネットショップ用に公開できる住所が必須という方

  • 自分や家族のプライバシーを守りながら仕事をしたい方

  • 自宅で仕事をしていて営業電話にお困りの方

  • お客様や取引先に対しての信用を高めたい

  • 「沖縄」に現地オフィスが必要な方

  • 起業や新規開拓事業の為に法人登記ができる住所が必要な方

  • おすすめ画像01
    おすすめ画像02

当社サービスを利用するメリット

サテライト沖縄のバーチャルオフィスを利用する
メリットについてご紹介します。

コスト削減

コスト削減

多店舗経営のノウハウを基に、徹底したコスト削減を実現。沖縄最安値でサービス提供。

ビジネスに最適

ビジネスに最適

オフィス機能として「050電話番号転送」「秘書電話代行」「郵便物転送」などが充実。

ブランド力アップ

ブランド力アップ

沖縄県で最もブランド力、ネームバリューのある那覇市牧志の住所を登記・開業届に利用可能。

充実のサービスラインナップ

充実したサポートサービスラインナップで
多様なニーズにお応えします

  • 住所利用

    住所利用

    ネットショップでの住所利用はもちろん、沖縄の一等地住所を名刺やホームページに使え、信用力もアップします。また、自宅とビジネスの住所を分けることでプライバシーを守ることにもつながります。

  • 法人登記・開業届

    法人登記・開業届

    ビジネスに特化した住所として、バーチャルオフィスは法人登記の本店所在地としての使用が可能です。提供される住所は法人登記、開業届、また法人口座の開設にもご利用頂けます。

  • 郵便物・宅配便転送

    郵便物・宅配便転送

    郵便物や宅配便の転送にも対応いたします。郵便物やお荷物はご契約の自宅住所に約1週間ごとにと弊社から発送します。ご希望の方は転送不要や郵便局留めも可能です。

  • 電話番号転送

    電話番号転送

    お客様にかかってきた電話をご指定の携帯電話やお電話に転送するサービスです。通常は転送されていることや、お客様ご自身の番号を公開することなく電話を受けることができます。

  • 秘書電話代行

    秘書電話代行

    専用の固定電話にかかってきた電話を弊社スタッフが一次応対いたします。お客様ご指定の屋号やお名前で応答し相手先の情報や電話の内容はメールなどでご報告いたします。

  • クラウドFAX

    クラウドFAX

    BtoBのやり取りでは現在も必要な場面も多いFAX機能を利用いただけます。クラウドFAXならご自宅や出先でWEB上からPDF形式のファイルとしてFAXの送受信が可能です。

お得なセットプラン

この料金で法人登記も可能。
安心の保証もついて沖縄県最安値のプラン。

バーチャルオフィスプラン

[月額]500
[初期費用]5,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・郵便物、宅配物転送
おすすめ!全国最安No.1

050電話転送セットプラン

[月額]1,480
[初期費用]5,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・050番号の電話転送
・郵便物、宅配物転送

秘書電話代行セットプラン

[月額]3,500
[初期費用]5,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・毎月20件の秘書電話応対
・郵便物、宅配物転送

サテライト沖縄が選ばれる理由

サテライト沖縄が選ばれる理由をご紹介します。

沖縄県のバーチャルオフィスで最安値

沖縄に仕事の拠点をつくりたい。自宅で仕事をしてるけど、住所は公開したくない。でも気になるのは賃貸での煩雑な手続きや初期投資、余分な固定費です。弊社では簡単なお手続きで地域最安値のプランをご用意しております。

沖縄県のバーチャルオフィスで最安値

那覇市の「牧志」

県内でも一番ネームバリューのある牧志エリア。人も情報も集まる沖縄の中心地の住所を登記用として利用することができます。もちろん名刺やホームページにも記載できます。お客様のブランド力、信用を高め、お取引先にもご安心頂けます。

那覇市の「牧志」

充実のオプションサービス

実際にオフィスとしての機能も必要という方には、郵便転送・電話転送・秘書電話代行など、通常のオフィスに必要不可欠なサービスをご用意しています。自宅の住所を知られることなく簡単なお手続きでご利用できます。

充実のオプションサービス

経験があるからできること

創業3年の安心・安定起業。これまでもお客様サポートと徹底したコスト削減にご好評頂いております。東京でも2店舗運営している実績があるからこそ、お客様にとって本当に必要なサービスを格安にてご提供できます。

経験があるからできること

30日間返金保証制度

初めて方にも安心の保証制度。ご契約後もお客様に納得して利用頂ける30日間の保証付きです。万が一法人口座開設ができない場合は契約金を返金致します。
※お客様都合によるキャンセルはこちらの制度の対象外となります。

30日間返金保証制度

当社の料金が安い理由

エリア最安値への挑戦とオプションの最適化で
新たな価値を見出します。

当社の料金が安い理由

バーチャルオフィスは住所を借りるサービスです。実際にオフィスを借りるわけではないため、敷金礼金や家賃がかかりません。必要なのは住所を使用する利用料金と電話代行などのオプションサービスの利用料金だけです。弊社は東京を中心に複数のバーチャルオフィスやレンタルオフィスなどの経営をしております。多店舗経営で培ってきたこれまでの経験と実績から、運営に必要なコストを削減し、利用料金に反映させることで低料金を実現しております。また、バーチャルオフィスのオプションサービスの最適化を図り、本当に必要なサービスに絞ることで、低料金を維持しサービスの質を落とすことなく機能を充実させております。

当社の料金が安い理由

30日間返金保証で安心をお約束

万が一、口座開設・ネットショップ開設できない
場合に返金保証いたします。

30日間返金保証

初めてバーチャルオフィスをご利用されるお客様や、数ある中からサテライト沖縄をお選びいただいたお客様にご安心いただくため、弊社では『30日間返金保証』する制度を設けております。ご利用に際してバーチャルオフィスの住所の為、「銀行口座が開設できなかった」、「オンラインショップを開設できなかった」などの本来の目的のビジネスが開始できなかった場合は、ご契約日から30日以内に限りまして、お支払いいただいた初期費用、月額利用料を、返金することをお約束しております。

30日間返金保証

お客様の

バーチャルオフィスのサテライト沖縄の
ご利用者の声をご紹介します。

30代 デザイナー
30代 デザイナー

オフィス代が節約出来ているということだけでなく、立地の良い住所を拠点として、ホームページなどに記載することができ、お客様からの信頼度アップにも繋がっているようで、本当に助かっています。

40代 貿易会社
40代 貿易会社

起業に際してネックになっていた固定費。賃貸を借りるよりも、よりリーズナブルに、仕事用に利用できる住所を確保できるし、こちらの会社は、電話代行などのオプションも充実しているので、とても便利です。

20代 ECショップ運営
20代 ECショップ運営

スタッフさんが話しやすい方なので、何かあっても相談しやすい雰囲気があり、結果的に安心して利用出来ていること。バーチャルオフィスをサテライト沖縄さんにお願いして、一番良かったと思った点です。

40代 営業代行会社
40代 営業代行会社

ホームページに自宅住所を公開するのは抵抗があり、分ける方が仕事がやりやすいのではと考えました。それを踏まえて、レンタルオフィスなども検討しましたが最も費用をかけずに実現できるのがバーチャルオフィスでした。

30代 ハンドメイドショップ運営
30代 ハンドメイドショップ運営

ネットショップ開設には住所の表記が必要になりますが、自宅の住所を公開するのは抵抗がありました。バーチャルオフィスの利用で自宅をサイトに公開せずにネットショップを運営することができ、本当に助かりました。

50代 ITエンジニア
50代 ITエンジニア

名刺やホームページに載せるための住所として利用しています。こちらのサービスを利用することで、那覇市内の一等地の住所を自分のオフィス住所として利用することが出来、お客様の信頼を得やすくなったように思います。

よくあるご質問

業種別にバーチャルオフィスの活用例をご紹介します。

なぜ月額500円の格安が実現できたのですか?

あまり多くの店舗を持たず、沖縄と東京渋谷のみで、運営しております。併せて、広告宣伝を抑えることと、多くのお客様の支持を得て、実現いたしました。

今後、値上げの可能性はあるのではないでしょうか?

2022年11月現在、値上げは検討しておりません。今後も現状維持に努めて参ります。

退会の際に違約金などの費用はかかりますか?

来店の必要はなく、オンラインで手続き可能でございます。なので、遠方の方でも簡単にご契約いただけます。

契約したい場合はどうしたらいいですか?店に行かないと手続きできませんか?

来店の必要はなく、オンラインで手続き可能でございます。なので、遠方の方でも簡単にご契約いただけます。

個人での申し込みしたいのですが?

はい、個人でのお申込みも可能でございます。審査のため、業務内容・ご利用用途等お伺いしております。

バーチャルオフィスはどのような利用方法がありますか?

ネットショップ開設や、事業所・東京支店の住所として登録できます。お店のHP・お名刺に記載ください。
バーチャルオフィスの法人登記と銀行口座開設

沖縄のバーチャルオフィス豆知識

バーチャルオフィスの法人登記と銀行口座開設

「法人登記」とは、会社を設立するときに必要な法的な手続きのことです。バーチャルオフィスで貸し出される住所でも法人登記の「所在地」として利用可能です。ただし許認可や届出については、業種によっては実態のある住所や、必要な事務所面積などが定められている場合がありますので、事前に確認が必要です。 バーチャルオフィスの住所でも「法人銀行口座開設」のお申し込みは可能です。ただし、実際に開設できるかどうかは、金融機関での事業実績などの審査により判定されます。金融機関によってその判断基準は変わりますので、お申込み予定の金融機関にご相談ください。

開業率トップの沖縄で起業

沖縄のバーチャルオフィス豆知識

開業率トップの沖縄で起業

2021年度の都道府県別開廃業率で沖縄の開業率はダントツの1位。直近5年のデータでも2位以下に大きな差をつけてトップの座を守り続けています。「観光」のイメージが強い沖縄ですが、実はビジネスチャンスの大きな地域でもあったんですね。バーチャルオフィスの利用を検討されている皆様に、その中でもバーチャルオフィスの活用事例をご紹介いたします。

沖縄で起業してバーチャルオフィスを
活用

業種別にバーチャルオフィスの活用例をご紹介します。

  • ネットショップの運営

    ネットショップの運営

    自宅で沖縄の民芸雑貨を扱うネットショップの運営を始めるために、バーチャルオフィスを利用して起業しました。ネットショップ開設には住所の表記が必要になりますが、悪用される危険性などもあり、自宅の住所を公開するのは抵抗がありました。自宅住所をサイトに公開せずにネットショップを運営することができ、プライベートと仕事を分けることもでき、安心してショップ運営に集中することが出来ています。

  • インストラクター

    インストラクター

    取引先や営業先を拡大するために、バーチャルオフィスを利用しています。なぜならバーチャルオフィスだとネームのバリューある市内の中心地の住所が利用できるからです。ずっと自宅住所を利用していましたが、名刺に記載するのは控えていました。バーチャルオフィスの住所を名刺に記載するようにしてからは、お客様が増えただけでなく、何より私にとってもクライアントにとっても安心して取引出来るようになりました。

  • WEBデザイナー

    WEBデザイナー

    これまでは東京でフリーランスで仕事をしていました。自宅で出来る仕事のため、起業するにしてもオフィスの必要はありませんでした。それにオフィスを持つなら出身地である沖縄で起業したいとずっと思っていました。バーチャルオフィスを活用することで、自分に必要なサービスだけをお手ごろな価格で利用でき、仕事には便利な東京にいながら出身地である沖縄の住所で開業することが出来ました。

  • コンサルタント

    コンサルタント

    仕事柄、お客様の所へ出向いていくことが多くオフィスを構える必要はないと考えていましたが、企業様との取引が増えるにつれ、必要性を感じるようになりました。ただ、使用しないオフィスに費用を掛けることがネックになっており先延ばしにしていましたが、バーチャルオフィスで解決しました。秘書電話代行サービスを利用することで、人件費や家族の負担もなく仕事に集中することができるようになりました。

  • WEB制作

    WEB制作

    沖縄を中心に中小企業向けのホームページ制作を行っています。フリーランスから始めたため、当初は自宅をオフィス代わりに使用していましたが、事業規模が大きくなり、スタッフの雇用も必要になったため起業を決意しました。しかし、コロナ禍の中では、社員とも取引先ともリモートが中心となってきており、事務所を構える必要性に疑問を感じたため、コスト削減も兼ねてバーチャルオフィスを選択しました。

  • 副業でネットショップ

    副業でネットショップ

    沖縄で自分のお店を開くためにネットショップを立ち上げました。もちろん本業もあり資金も蓄えなければならないため時間もお金にも余裕はありません。コストを抑えつつ、また自宅住所を公開せずに特定商取引法を満たす必要があったため、バーチャルオフィスを活用しています。浮いた費用と副業による収入を蓄え、ショップ運営の実践勉強をしながら目標である実在店舗のオープンに向かって前進中です。

もっと知りたいバーチャルオフィスとは

沖縄のバーチャルオフィス豆知識

もっと知りたいバーチャルオフィスとは

オフィス空間は必要ないけれど、事業を営む方にとって起業などの法的手続きに必要という方や、自宅住所を公開したくないフリーランスの方に選ばれているのが、「住所」を借りることができる「バーチャルオフィス」というサービスです。仕事をする場所は自宅などご自身で用意しなければなりません。一番の特長はその安さです。実際にオフィスを借りようとした場合、敷金等の初期費用だけでなく月々の支払いなどの固定費用が大きな負担となります。運用しようとすると人件費や光熱費などの維持費も念頭に置かなければなりません。バーチャルオフィスならお客様に必要な「住所」に絞ったご利用が可能となりますので、コストの大幅な削減を実現できます。また、通常だと高額になる街の中心地の住所を利用できることもバーチャルオフィスの特長と言えるでしょう。住所だけでなく「電話代行」や「郵便物の転送」などのオフィス機能をお客様の必要に応じてオプションで付けることもできます。

バーチャルオフィスを利用するメリット

沖縄で格安バーチャルオフィスを利用する
メリットをご紹介します。

ランニングコストの削減

バーチャルオフィスが選ばれる共通の理由は「ランニングコストの削減」に尽きます。実際にオフィスを契約した場合、月々の賃貸料、共益費、光熱費等の基本料金など、通常なら毎月かかってくる固定費が数万円から数十万円になります。これがバーチャルオフィスなら、月々数千円から契約が可能です。特に収入が安定しない事業を立ち上げの時こそ、この効果は最大限に実感できると思います。

ランニングコストの削減

イニシャルコストの削減

敷金や礼金といった賃貸契約の初期コストもバーチャルオフィスなら大幅に削減できます。一番のメリットは実際のオフィス運営に必要な設備投資の費用を抑えられる点と言えます。IoT環境や電話やFAX、事務機器などの備品導入など積み重なると大きな費用となります。バーチャルオフィスなら、自分のビジネスに必要なものを必要な時にオプションサービスとして選択して利用することできます。

イニシャルコストの削減

エリアの一等地住所

通常の賃貸などで物件を探す場合、間取りだけでなくその住所でも大きく費用が変わります。個人や小規模事業で事務所を構えようとすると、立地よりも費用を優先せざるを得ません。バーチャルオフィスなら思いも寄らない一等地の住所を、自分の会社用住所として登記だけでなく、名刺やホームページに使用することができます。ブランディングや信用性など目に見えない付加価値としてビジネス上の大きなメリットになります。

エリアの一等地住所

プライバシーの確保

自宅でお仕事をされている女性や、ご家族がご一緒にお住いの方の場合には、自宅住所が知られるリスクを不安に感じていらっしゃることも多いでしょう。バーチャルオフィスであれば費用を抑えて、ビジネス用の住所を持つことができます。仕事は今まで通り自宅で続けながら、ビジネスに関するやり取りはバーチャルオフィスの住所を通すようにすれば、ご自身とご家族のプライバシーを守ることができます。

プライバシーの確保

WEB上での手続きが可能

バーチャルオフィスの隠れたメリットとして、手続きにかかる時間の削減が挙げられます。実際に家を借りる時を想像してみましょう。ネットや不動産会社で物件を探して、実際に足を運んで見学をして、妥協と選択を繰り返して決めた後に、煩雑事務手続きが始まります。バーチャルオフィスならWEB上でこれらの手続きが完結できます。お金だけでなく時間も節約できることはバーチャルオフィスの隠れた強みだと言えます。

WEB上での手続きが可能

バーチャルオフィスサービスの
選び方のコツ

数あるバーチャルオフィスのなかから最適なものを
選ぶコツをご紹介します。

登記は可能?必要なサービスは?

何よりも重要なのは自分にとって必要なサービスを提供しているか?という点です。起業を検討されている方は、まず「法人登記」が可能か確認する必要があります。中には登記に利用できないバーチャルオフィスもありますので事前にしっかり確認しましょう。また、オフィスとして機能として、電話転送や電話代行、郵便物の転送など必要なオプションが提供されているかも合わせて確認しておきましょう。
登記は可能?必要なサービスは?

実際にオフィスの住所を確認しよう

オンライン上ですべての手続きができることはバーチャルオフィスのメリットでもありますが、自分の看板ともいえる名刺やホームページに掲載する場合など特にビジネス用として住所を公開する場合には、どんな場所にあるか実際に見てみましょう。どんな時に話題になるか分かりません。訪れることが難し場合でも、ネットを使ってどんな場所にあるのか、交通事情はどうかなど確認しておきましょう。
実際にオフィスの住所を確認しよう

総合的な料金で決めよう!

必要な費用はサービス利用料金だけではありません。実際にオフィスを借りるよりバーチャルオフィスは格安となりますが、それでも契約料などの初期費用、保証金などがかかる場合もあります。また月額料金だけでなく、自分に必要なオプションサービスを利用した場合の料金など、イニシャルとランニングの両コストをしっかり計算した上で、自分に必要なバーチャルオフィスを選びましょう。
総合的な料金で決めよう!

運営会社は信頼できる?

意外と見落としてしまうのがバーチャルオフィスの運営会社の実績や評判です。料金プランや住所のネームバリューに目を奪われがちですが、運営会社の経営体制などもチェックしておきましょう。登記に利用した住所が直ぐに使えなくなってしまう事態となれば自分の信用問題に直結します。運営会社のホームページを確認するなどして、経営経験は十分か 複数拠点があるかなど最低限のポイントは自分の目で確認しておきましょう。
運営会社は信頼できる?

住所で自分の第一印象が変わる?

一等地にある住所を自分のオフィス住所として格安に利用できることがバーチャルオフィスの最大のメリットだと言えます。名刺やホームページなどに書かれている住所は、自分の第一印象を決める判断材料になります。誰もが知っている住所なら、目に見えない「安心感」や「信頼性」を伝えることができるでしょう。ブランディングやクライアントとの信頼関係につながりますので、住所選びも重要なポイントです。
住所で自分の第一印象が変わる?

いざ契約!でもその前に・・

バーチャルオフィスを利用するためには「契約」が必要となります。大切な自分の会社用の住所です。契約の内容や更新、解約に必要な手続きを十分に理解した上で契約に臨みましょう。通常は契約前に審査が必要です。面倒だと思ってしまいますが、それだけしっかり運営されてるという判断基準にもなります。逆に審査などが無いバーチャルオフィスなら契約を見合わせた方がよいかもしれません。
いざ契約!でもその前に・・

サテライト沖縄のお役立ち情報

沖縄県のビジネスに関するお役立ち情報をご紹介します。

沖縄でバーチャルオフィスをビジネス拠点にするとメリットがあるって本当?

沖縄は、多くの企業に地方拠点として選ばれている地域です。沖縄には、他県にはない最大で40%の所得控除や設備投資を促進するための税制上の優遇措置が講じられていて、特区として定められた地域や特定の地域のみで受けられる優遇措置もあり、沖縄にビジネス拠点を置くだけで様々な恩恵を受けられる可能性があります。大きな視点で見た場合、沖縄は東アジア経済圏の中心に位置しています。沖縄から日本国内やアジアの主要都市までは飛行機で4時間圏内で、東アジア経済圏には約20億人が暮らしています。沖縄は、20億人の巨大マーケットに素早くアクセスが可能で海外市場にも進出しやすい環境にあります。さらにバーチャルオフィスを構える事で、沖縄に居ながら世界と取り引きが可能です。

日本は一般的に、少子高齢化のために労働人口がの減少が進み、人材不足が深刻化していますが、沖縄の出生率は日本一で、平均年齢も日本一若い地域です。平均年齢が低ければ、現在働いている人は長く働ける事になり、労働人口は増えて行きます。沖縄は失業率が高く日本一となっていて、働きたい人の数にたいして仕事の数が足りていない状態です。企業は労働力を得やすく求人に対して多くの応募が見込め、優秀な人材を採用できる可能性があります。さらにバーチャルオフィスを構える事で、日本全国からの求人に対応でき、沖縄の人材も刺激を受ける事ができます。

沖縄でバーチャルオフィスをビジネス拠点にするとメリットがあるって本当?

沖縄にバーチャルオフィスでビジネス拠点を構えるという考え方

「沖縄移住」と言われるくらい、沖縄は他県からの移住者に人気があり、すでに移住してビジネス拠点を構えている人も少なくありません。移住してビジネス拠点を構える場合、「移住先で問題なく暮らしていけるか」、「ビジネスは上手く行くのか」と言う不安があります。沖縄には、これらの不安を乗り越えた人も多くいます。他県からの移住者は、沖縄移住とビジネスの成功者でもあるので、多くの体験談やアドバイスを受けられる事もあります。

バーチャルオフィスを構えておけば、他県からの移住者の話しを聞きやすい環境を作れます。沖縄にビジネス拠点を置くのは、現実的なメリットが多くあります。バーチャルオフィスを使ったテレワークと言う考え方により、拠点は「都心に置くべきだ」と言う考え方を変えていく必要があります。アフターコロナを見据えて「新しい拠点を構えたい」「新しくビジネスを始めたい」「海外とも取り引きしたい」と言う方は、沖縄を候補に加える事をおススメします。

沖縄にバーチャルオフィスでビジネス拠点を構えるという考え方

経費削減のアイディアはなんでも出せばイイってもんじゃないんです

会社の業績や売り上げなどの事業活動とは無関係に、毎月発生する経費全般を「固定費」と言い、スタッフの人件費、オフィスの水道光熱費がこれに当たります。会社の生産量や受注件数などの増減に比例する経費を「変動費」と言い、原価に直結する原材料費や、取引先との接待費などがこれに当たります。バーチャルオフィスの活用で、固定費の削減を見込めます。

固定費は毎月発生するコストの中で少ない傾向にあるので、経費削減を検討する場合に経費削減効果を見極めやすいと言うメリットがあります。反対に変動費は該当する経費の多くが会社の事業活動と直結していて、経費削減効果を見極めづらいと言うデメリットがあります。これらから、会社の売り上げなどによってかかる変動費より、固定費を削減する方が得策と言え、バーチャルオフィスの活用などがおススメとなります。

経費削減のアイディアはなんでも出せばイイってもんじゃないんです

経費削減のアイディアを出す時の注意点ってなに?

業務の進め方や仕組み、環境を変える様な犯行は、一部の社員の反感を買う事も考えられます。既存社員の業務に対する負荷が増えると、業務に対するモチベーションが低下し会社の業績に悪影響が出たり、商品やサービスのクオリティ低下が起こり得るので、既存社員の満足度に直結する快適な就業環境や、業務効率の低下を招く可能性がある経費削減案の実行は、慎重な判断が必要でしょう。また、無理のない期間や目標の設定も必要で、短期間での経費削減効果を見込むと、策に強引な部分があったり既存社員に負担がかかる可能性があるので、既存社員や事業全体考えて目標設定すると良いでしょう。

経費削減に当たり、会社全体やスタッフの考慮はもちろん、長期的で俯瞰的な視野でアイディアを検討する必要があります。経費削減にも基本的な考え方や注意点がありコロナ禍を背景にリモートワーク、バーチャルオフィスの活用などを盛り込めば、会社に最終的な利益を得る可能性が高まります。希望するスタッフには、バーチャルオフィスを構えてリモートワークを選択してもらうのも良いでしょう。

経費削減のアイディアを出す時の注意点ってなに?

バーチャルオフィスをご検討中の方は、
お気軽にご相談ください。

料金やサポート内容などバーチャルオフィスが5分で分かる

サービス資料ダウンロード